バストマッサージを行う際は、バストアップのツボを意識するとより効果的になります。

バストマッサージのポイントをいくつか解説します!バストアップのツボやリンパについて、実際に行う時の注意点など。より効率よくバストアップができるよう意識してみましょう。
MENU

バストアップのツボを意識するとより効果的!

バストマッサージを行うことは美しいバストを作る上でとても大事なことです。
ですがただ説明通りにマッサージを行うより、マッサージ時に意識すると効果的と言われるポイントがあります。それは「バストアップのツボ」です。
バストアップに効果があるツボはいくつかあります。以下の図をご覧ください。

 

バストアップのツボ紹介

 

各ツボの解説&押し方

中附(ちゅうふ)

鎖骨の下にあるツボです。リンパの流れを良くし、バストのハリをアップさせてくれます。母乳の出が良くなるということでも知られています。

 

壇中(だんちゅう)

体の中心にあり、女性ホルモンの分泌を促す役割を持つツボです。精神的疲労やストレスの緩和にも効果的。

 

天渓(てんけい)

胸と体の境目にあるツボ。乳腺の発達を促すとされており、胸が小さい方や垂れてきた方は注目したいツボです。

 

乳根(にゅうこん)

乳頭から指2本分ほど下、バージスラインより上に位置します。女性ホルモンの分泌を促す効果があり、痩せ型の方や生理不順の方におすすめのツボです。

 

これらのツボを意識してマッサージするだけでも変わってきます。
マッサージではなくツボを押すだけでも効果は期待できますので、スキマ時間やテレビを観たりくつろいでいる時にも簡単にできます。
ツボを押す際には強すぎないくらいの力で、息を吐きながらゆっくり押すのがポイントです。

 

 

リンパマッサージはダイエットやアンチエイジングにも!

リンパのマッサージをする女性

リンパというのは、体内の老廃物を排出するのに重要な器官です。
つまり、リンパの流れが悪くなると老廃物が体に溜まりやすくなってしまい、むくみや冷え、便秘などの不調を招いてしまいます。そこから肥満へと繋がってしまうのです。

 

胸や脇の周辺はリンパ節が集中する部位です。
そのため、バストアップのためにマッサージを続けることでリンパの流れが良くなり、バストアップと体の不調改善の両方を得られるという一石二鳥になるのです。
リンパを良く流してあげることは、健康な体を維持するために効果的な手段と言えます。

 

また、上記のバストアップのツボを意識してマッサージすることで女性ホルモンの分泌が促進されます。バストアップだけでなく美容にも効果的で、バストの下垂や更年期障害が気になる方に特におすすめでアンチエイジングにもなります。

 

女性ホルモンの分泌が正常化されると、女性特有の悩みの解決へと繋がりやすくなるのです。

 

 

貧乳で悩んでる人は血流を良くしよう

マッサージ時に限ったことではありませんが、体の冷えは厳禁です。
女性は冷え性の方が多く見られます。マッサージ前に、体や指先が冷えてしまっていないかよくチェックしましょう。

 

指先が冷えやすい方はカイロや温かいタオルで手を温めるなどしてからマッサージすると良いですね。
また、バストクリームやジェルを使用する際も手のひらの体温で温めてから塗っていくのがおすすめです。とにかく体を冷やさないように気をつけましょう。
バスルームで全身が温まっている時に行うのも良い方法です。

お風呂でできるバストマッサージ

 

また、左右で胸の大きさが異なることで悩んでいる方は、小さいと思う方を少し入念にマッサージを行いましょう。左右の大きさが同じ方が、見た目の美しさもより上がりますね。

 

基本的に体の冷えは女性の大敵です。体を温めることで血流がよくなってマッサージの効果もよりUPし、生理痛の改善にも効果があります。
日頃から体を温めるよう意識し、健康な体を目指すことがバストアップへの第一歩です。