硬い胸の人は要注意!専門家が教える自分に合った最適方法で対応してみましょう!

MENU

硬いおっぱいは男性にガッカリされる原因No1ってご存知ですか?

疑問

 

女性は男は皆大きいおっぱいが好きだという認識を持っているのではないでしょうか?
女性のバストに関する悩みをリサーチしたところ、サイズに関する悩みは全体の63%以上を占めていると言われています。

 

しかしながらここに興味深い調査結果があります。
それは男性がはじめて女性と関係を持ったときに、おっぱいを見たり触ったりしてガッカリした理由の調査結果です。
以下は某テレビ番組で調査した時の結果をご紹介しています。

 

男性がはじめての際におっぱいでがっかりしたこと

 

 

26歳 男性 一般会社員
巨乳が好きではじめての彼女も胸で一目惚れしました。
でも大きいのはいいけど、揉んでも硬いし鈍感だし、ものすごいがっかりしたのを覚えていますね。
あと大きすぎるのか背中の脂肪がだぶだぶになってて形が汚かったのも残念でした。


 

28歳 男性 公務員
はじめて触ったときは案外硬くてガッカリしました。
もっとふわふわなのかと思ってましたが、筋肉を揉んでいるみたいで…。
あと微妙にたれていたし、一つの夢が崩れ去った瞬間だった。


 

21歳 男性 学生
サイズが想像した以上に小さくてめちゃくちゃがっかりしました笑。
あとにらんでるようなおっぱいで、見た瞬間オオッって感じ。
はじめてで緊張していたのもあるけど、ぶっちゃけ萎えました。


 

35歳 男性 一般会社員
AV女優とか写真集で芸能人のおっぱいを見慣れているせいか、はじめて見た時は、現実を見せられた気がしました。
でかいよりは小さくても美乳が好きなのですが、顔は綺麗なのに胸は微妙でそのあとの対応に困りました。


 

これらの結果を見ると、男性はサイズよりは触った時の感触やおっぱいの形を意識していることがわかりますね。
女性は大きさばかり気にしがちですが、男性は思ったよりもサイズにはこだわっておらず、形や触った時の感触を重要視しているようです。

 

 

どうしておっぱいは硬くなってしまうのでしょうか?

おっぱいは大胸筋の上におっぱいを支える靭帯が乗っかっていて、その上に脂肪や乳腺があるという構造でできあがっています。
この靭帯が大胸筋に張り付くように寝てしまうことで、おっぱいの血行やリンパの流れが悪くなってしまい硬くなってしまうと言われています。
また血行が悪くなってしまうことで硬くなるだけではなく本来のサイズよりも小さくなってしまったり、張りがなくなってしまうと言われています。

 

実は硬いおっぱいの原因はサイズダウンや、形の悪いおっぱいの原因でもあるのでもあったのですね。
おっぱいの硬さの原因や形の崩れはリンパの流れや女性ホルモンが関係しています。

 

 

キレイなかたちのマシュマロおっぱいを作る3つのマッサージ方法

柔らかくてふわふわのマシュマロみたいなおっぱいを作るためには一体どうすれば良いのでしょうか。
おっぱいの硬さの原因や形の崩れはリンパの流れや女性ホルモンが関係していることがわかったところで一体どうすれば良いのかを解説していきます。

 

 

実は毎日たった10分のマッサージをするだけで上向きでおわん型のやわらかいおっぱいを手に入れる方法があるのです。これらのマッサージはテレビ番組などでもよく取り上げられており、結果もわかりやすくまとめられています。

 

リンパの流れをよくすることで固まった脂肪をやわらかくし、やわらかくてマシュマロのようなおっぱいを手に入れる方法をご覧ください。

 

リンパの流れを良くし老廃物を排出するマッサージ

おっぱいとその周辺のリンパや血の流れをよくするマッサージです。
老廃物の排出を促し、脂肪であるおっぱいを本来のやわらかい状態に戻す効果があるとされています。

  1. おっぱいの周りに保湿効果のあるクリームを塗る
  2. 手のひらでヒジから脇の下バスト上部へと10回なでる(左右)
  3. 肩甲骨から脇の下を通しバスト上部へと10回なでる(左右)
  4. ワキの下に指を4本入れ揉むことでリンパ節を10秒マッサージ(左右)
  5. 手のひらでヒジからワキの下〜バスト上部へと10回なでる(左右)

 

おわん形の美しいおっぱいを作るマッサージ

おっぱいを斜め上に持ち上げることでおわん型の美しいおっぱいにするマッサージです。
手の平をおっぱいに当てて優しく斜め上へと10秒ほどさすり上げる
(鎖骨の中心に向かうようなイメージ)
力はあまりいれず持ち上げる感じで行ってください。
この時に親指の付け根部分でバストトップをさすることがポイントです。
これを左右10秒間行ってください。

 

女性ホルモンの分泌を促すツボを刺激するマッサージ

バスト中央から親指の腹を滑らせてぺこんとへこんだところに「しんぽう」というツボがあり、このツボを刺激することで女性ホルモンの分泌を促すことができるようです。
しんぽうを指の腹で力を入れずに3回3秒ほど押してください。
柔らかく上を向いた美しいおっぱいを作るためには女性ホルモンは必要不可欠です。

 

 

マッサージの効果をさらに高めるクリーム

クリーム

 

おっぱいを柔らかくし、上向きの美しいおっぱいにする3つのマッサージをご紹介しましたが、マッサージは入浴中の血行が良くなっている時に行うと特に効果的であるとされています。
また保湿効果のあるクリームを使うことによって、美容にもよく効果も現れやすくなると言われています。

 

近年では保湿効果だけではなく脂肪を柔らかくし、脂肪の付きをサポートしてくれるようなおっぱいに効くクリームも開発されているようですね。
美乳カウンセラーもおすすめするバストアップクリームをまとめてみました。