良い生活習慣を身につけ胸を大きくします。

MENU

気をつけたい生活習慣

十分な睡眠をとること

睡眠不足は、女性ホルモン、エストロゲンの分泌を減少させます。
エストロゲンは、ハリのあるバストを作り、乳腺の発達させる働きをする女性ホルモンで、このホルモンが不足すると、胸のハリや弾力が失われてしまいます。

 

良い睡眠をとるためには、就寝前に心身をリラックスさせることが大事です。

 

 

 

適切な内容の食事を摂ること

女性ホルモンの分泌が促されるたんぱく質を含んだ食物を摂取するよう心がけましょう。

 

食事を摂る女性

魚介類には、ビタミンやカルシウムなど豊富な栄養成分が含まれていますが、特にサバやサンマ、イワシなどの青魚類には、女性ホルモンのエストラゲンの代謝を促すペプチドが含まれています。
牡蠣に含まれている亜鉛も女性ホルモンの代謝を促します。

 

乳製品や卵、大豆類も良質なたんぱく質を含んでいますので、食材に加えましょう。

 

また、ビタミン類は、卵巣の働きを良くするための補助をするので、女性ホルモンの分泌を促すためには、ビタミン類もしっかり摂取しましょう、

 

かぼちゃ、ニンジン、ブロッコリー、ホウレンソウなどはビタミンA、豚肉、緑黄色野菜類はビタミンB1、納豆などの大豆製品や、豚肉などにはビタミンB2が含まれています。

 

 

 

スポーツをする時、就寝時にもブラジャーを着用すること

スポーツ用、ナイト用など、生活の中のシチュエーションにあわせて最適なブラジャーを着用することで、胸が揺れや圧迫から保護され、美しい胸のラインを保つことができます。

 

反対に、昼間の時間帯に矯正の為にきつすぎるブラジャーを着用することはやめましょう。
胸の血流が悪くなり、胸の発育が妨げられてしまいます。

 

 

 

良い姿勢を保つこと

姿勢が悪く、猫背にしていると、胸の血流が悪くなり、胸が下垂してしまいます。
もちろんそれだけではなく、肩こりや首痛の原因となったり、内臓にも悪影響を与えたりします。
日常的に良い姿勢を保つよう心がけましょう。