日常生活で実行すると胸を大きくできます。

MENU

日常生活で実行したいこと

良い睡眠をとるためには、寝室の環境を見直しましょう。

就寝してから深い眠りが訪れるのは3時間後なので、その時までは室内が快適な温度になっているように調整しましょう。

 

夏場にエアコンをつけっぱなしにしておいたり、冬場に電気毛布を使ったりすると、寒すぎたり、暑すぎたりで、眠りを妨げられたりしまうので、上手にタイマーを使いましょう。

 

また、湿度の調整も大事です。
冬場は加湿器、梅雨時は除湿器などを利用し、湿度が50パーセントになっているようにしましょう。

 

そして室内は、静かで暗くなっている状態が保てるよう、カーテンを閉めたり、騒音防止の為の耳栓を使用したり、環境に合わせて工夫することが大事です。

 

睡眠中

また、柔らかすぎるベッドや、化学繊維のシーツや布団カバー、自分のあっていない高さのまくらなども、良い睡眠の妨げになります。

 

快適な睡眠を得られるような寝具を選びましょう。

 

 

 

就寝前には、体と心がくつろいだ状態になっていることが大事です。

心身共にくつろいだ状態で入眠すると、深い眠りに入ることができます。

 

アロマキャンドル

くつろいだ状態で入眠する為には、就寝前にゆったりした音楽を聴いたり、寝室に癒し効果のあるアロマキャンドルやお香を焚いたりすると良いでしょう。

 

また、就寝の1時間くらい前には、軽いストレッチをしたり、ぬるめのお風呂に入ったりすることも効果があります

 

仕事のストレスで、神経が立っているような状態のまま、就寝すると、眠れず、イライラして、ますます眠れなくなってしまったり、眠れても、浅い眠りになったりしてしまいます。

 

また、光から受ける刺激が強いのも、光の刺激が脳に伝わり、入眠の妨げとなってしまいますので、就寝ぎりぎりまでパソコンで仕事をしたり、ベッドに入ってからスマートフォンでインターネットを見たりしていると、質の良い睡眠をとることができませんので、注意しましょう。