良い姿勢を保つことが胸を大きくします。

MENU

良い姿勢を保つ

美しい立ち姿勢を心掛けましょう。
肩甲骨を引き下げ、肩を開くようにして立ち、後頭部を心もち斜め後方に引っ張りあげるように意識して立つと、首が長くなり、顔が前に出るのを防ぐことができます。

 

顔が前に出ると、背中を引き上げることができなくなり、猫背になってしまいます。

 

また、重心の位置をかかとに置くと、状態が後ろに行ってしまい、おなかを引き上げることができません。つま先よりに重心をかけて、丹田に力が入った状態にして立ちましょう。

 

肩甲骨を引き下げ、肩を開いた状態にしておくためには、肩甲骨周りを柔軟にしておく必要があります。

 

背筋を伸ばすイメージ

肩甲骨周りが固まっていると、肩こりや、頭痛の原因にもなりますし、胸の血流が悪くなって、胸が垂れてしまう原因になったり、順調な発育が妨げられたりしてしまいます。

 

両手を体の後ろで組んで、持ち上げたり、ひじを曲げて、腕を回して、腕の付け根が柔軟に動くようにしたりするなど、ちょっとした運動をすることで、肩甲骨が柔軟に動くようになり、良い姿勢を保てるようになります。

 

 

ソファに座らないこと

ソファは正しい姿勢で長時間座っていることができず、骨盤をゆがめてしまう恐れがあります。
骨盤が歪んでしまうと、正しい姿勢を保つことはできません。

 

 

正しい座り方で椅子に座ること

椅子には深く座り、足の裏はしっかりと床につけましょう。
腰からウエストの部分と背もたれの間にくぼみができてしまう場合は、薄めのクッションなどを挟んで調整し、背中を引きあげた状態で座るようにしましょう。

 

 

正しい歩き方をすること

歩くときは、自分のおへその前に、かかとから足を出して歩きましょう。
かかとが付いたら、足の裏を均等に地面についていくことを心掛けます。
もし、靴の裏(特にヒールの裏などかかとの部分)を見て、かかとのどちらかだけが減っていたら、歩き方に問題があります。
かかとは、かかとの周り全てを均等につけるように心がけましょう。