短期間でバストアップする方法

MENU

手術の方法

豊胸手術は今どんなものがあるのでしょうか。

 

大きく分けて人工乳腺法脂肪注入法という2種類があります。
数時間で施術が終わり、入院の必要もなく手軽に施術を受けることができるものがほとんどです。
最大5カップくらいまで大きくすることはできますが…
その分リスクも大きくなるようで注意が必要となってきます。

 

有名なのは人工乳腺法で、プロテーゼといわれる人工物をいれます。
よくあるのがシリコンジェルやシリコンバッグといわれるもの。

 

このプロテーゼは厚生労働省が認可していないので、国内では作ることができません
ですからすべて海外輸入品という形となります。

 

バストモデル

プロテーゼを挿入することによって自然なバストの形、触り心地、バランスのよい大きさの胸を作ることができます。

 

いかに美しいバストを作るかということが主眼とおかれていますので、モデルの方など、人前に立つ仕事の人に人気があるのが特徴です。

 

プロテーゼは人体に吸収されることはないので、そのまま形のよいバストがずっと維持することができます。

 

 

一方で脂肪注入法というものがあります。
こちらはサイズダウンしたい部分の脂肪を吸引し、バストに注入していくといった方法です。

 

ただ、サイズダウンとバストアップといった願いがある方には夢のような方法ではありますが、
胸に入れた脂肪は自然と吸収されてなくなっていくことが多く、以前よりもバストは大きくはなりますが、脂肪を注入した後と比べて小さくなってしまうことがよくあるようです。

 

最近の脂肪注入法は以前に比べたら脂肪が残るようにはなってはいるようですが、
それでも注入したすべてが残るわけではないようです。

 

他にも豊胸手術の方法はありますが、大きく分けてこの2つが今主流の豊胸術となります。