脂肪注入法豊胸術・幹細胞脂肪注入豊胸術・コンデンスリッチ豊胸術

MENU

3種類の豊胸術

基本的に、脂肪注入豊胸術は、3種類とも背中、腕、腹部、腰部、臀部、太もも、ふくらはぎなどにある余分な脂肪を吸引して、乳腺の中と乳腺の周囲、乳腺の下、大胸筋の筋層の中、大胸筋の下に注入します

 

脂肪吸入豊胸術は、以前にヒアルロン酸注入によってできてしまったしこりを、目立たなくすることもできます。

 

吸引した脂肪を注入するだけの脂肪注入豊胸術は、異物を注入することが無いので、安全な方法ですが、脂肪の生着率が低いため、クリニックによっては、定着率を高くするために脂肪を培養させてから注入する、幹細胞脂肪注入豊胸術という方法を取っているところもあります。
これは、体内から吸引した脂肪の中にある脂肪幹細胞を増殖させてから注入するという方法です。

 

幹細胞というのは、複製、再生能力のある細胞のことで、壊れた組織を治癒させたり、再生させたりして、身体の機能を正常に保ち、老化を防ぐ働きをしています。

 

そして、脂肪の中にある幹細胞は、脂肪を増殖させることができるのです。

 

このことにより、脂肪が乳房内に定着する率が上がり、脂肪注入法豊胸術よりも、効果が高まります。

 

胸を気にする女性バナー

さらに、吸引した脂肪を濃縮し、注入する方法がコンデンスリッチ豊胸術です。
体内から吸引した脂肪の中に含まれる老化した細胞などの不純物を取り除いたうえで、濃縮した脂肪を注入するので、しこりなどができるリスクが減り、脂肪の定着率も非常に高くなります。

 

普通の脂肪注入豊胸術に比べると、幹細胞脂肪注入豊胸術やコンデンスリッチ豊胸術は、痩せていて、体内の余分な脂肪が少ない人でも、少しの脂肪から脂肪を増やすことができるので、安全に豊胸術を受けることができます。

 

また、効果が持続する期間も、脂肪注入より、脂肪幹細胞注入、脂肪幹細胞注入よりもコンデンスリッチ豊胸術の方が長く、コンデンスリッチ豊胸術は、半永久的に効果が持続します。

 

豊胸手術の危険性も知っておきましょう